看護師としての在り方

看護師として働いていると、
様々な経験をしていって成長をするものなのですが、
しかし、看護師として重要なものは何かというと、
やはり、それは患者さんのことをよく考えて、
その気持ちを汲んだ看護をすることだといわれています。

実際に行う看護の技術や知識が高いということは、
もちろん必要になるのですが、しかし、どんなにそうしたものが
高くても、患者さんにとって不快な看護師しかできなければ、
その人は、あまりいい看護師とは言えないというのは
間違いないようです。

精神論といえば、そこまでではあるのですが、
しかし、多くの看護師が、長い経験を得て、
そこから何が重要になるのかということを考えていくと、
やはり、知識や技術に加えて、患者さんの気持ちをよく理解し、
それに沿って看護をしていくということだと、
多くの看護師が語っています。

これは、看護師としてというよりも、
人間としてどうなのかということでもあるようなのですが、
やはり、看護師と患者ということで、
どちらも同じ人間同士の関わり合い方がどうなのか
ということが非常に重要になるそうです。

現在、看護師として働いている人はもちろんのこと、
これから看護師として働いていきたいというような人は、
こうしたことを忘れないようにしないといけないようです。

看護師としてのスキルにそれほど大きな差があるわけでもないですし、
能力の差について考え出したら、「しょうがない」という
結論しか出てこないことになります。
それよりも自分ができる範囲で患者さんを満足させられる看護を
するにはどうすればよいのか、を考え続ける看護師の方が
数年後には立派な看護師になっているというものです。

看護師転職サービスを利用して交渉する

看護師として働くと、
どうしても給料のことが避けては通れないのですが、
転職をする際に、給料アップの交渉などをする人もいます。

病院ごとによって給料というのは、異なることが
多いのですが、しかし、自分で給料アップの交渉を
するといってもなかなか大変なことでもあります。

いきなり高い金額を交渉しても、
向こうもあまりいい印象を持ちませんし、
逆に、ある程度、身の丈にあった給料アップを
交渉しても、それがうまくいかないことも多く、
交渉をするというのは難しいものです。

あまりタフな交渉をすると、その職場で働くことになった場合に
別の面で不利な待遇を受けたりしないかと気にあることもあるでしょう。

そして何より、看護師は看護のプロではありますが、
転職のプロではありませんし交渉のプロでもありません。
その道のプロが行う業務は1段も2段も違うというのは
プロフェッショナルな業務を行う看護師であれば理解できるでしょう。

日頃から、交渉をすることに慣れている人であれば、
どちらにとってもいい着地点を見つけられるのですが、
普通の看護師であれば、そういうことも上手くいかないことが多いので、
そういう場合には、看護師専門の転職サイトで、
給料の交渉をしてくれるサービスがあるので、
こうしたものを利用するのもいいようです。

やはり、何にでも専門家というものはいるので、
そうした人たちに、交渉などを代理に行ってもらえばいいのですが、
もし転職をする際に、こうした給料の交渉や、
仕事の内容などについて、自分ひとりでは
うまく交渉できるかわからないという人は、
看護師専門の転職サイトをいろいろと見ていって、
良いと思ったところのサービスを受けていくと、
交渉などもスムーズに行えます。

看護師が辞めたいと感じる元は何か

看護師というのは常に人手不足で、
離職率が大きいといわれているのですが、
それを表すように、ある調べでは国立大学病院の
看護師の44%は、看護士を辞めたいと考えていると
調査されています。

看護師といってもいろいろな人がます。
何となく看護師になった人もいれば、
子供の頃から、家族の影響などで看護師になりたいと
考えていた人もいます。
要は看護師になった動機は人によってことなるということですから
人によっては看護師を続ける動機も異なってくるということです。
そうした中で看護師の半数の人というのは、常に看護師を辞めたいと
考えているようです。

もちろん、こうした数字は、毎年変化するものであるので、
恒常的なものではないのですが、
しかし、まだ転職などを、具体的に考えていない
看護師の人であっても、実際には看護師を辞めたいと
考えている人が多いようです。

ここから看護師を辞める人は、どのくらい出るのかというのは
わからないのですが、しかし、看護士を辞めたいと
日常的に考える人が多くなるには、それだけ理由があるので、
そうしたところをしっかりとフォローしていけるように
しなければならないのかもしれません。

これは、行政や病院側が気を付けるということなのですが、
環境などがしっかりと整えられていくことで、
考えが変わるという人もいるので、
これは医療界全体がしっかりと考えていかなければ
いけないことのようです。

あとは職場を変えることで
これまで嫌だった看護師の業務に就いても
耐えていけるようになることが少なくありません。
回りの環境というのは無視できないですからね。

業務環境について確認をしたいのであれば転職サイトの
コンサルタントに聞いてみるとよいですよ。

重要になる看護師の休み方

看護師として長い間働いていると、
どうしても休日になっても、
気が張っていて、休んだ気がしないという
人が多くいます。

夜勤がある職場で仕事をしている人だと、
多かれ少なかれ、こうしたことは感じるものなのですが、
しかし、看護師の場合は、毎日、患者さんを相手にしていて、
絶対にミスが許されないという緊張感があり、
いきなり休日になっても、その緊張感が解けずに
気が張り詰めたまま休みを迎えてしまうようです。

なので、休日らしい休日が取れずに、
体も心も休むことができずに、
次第に弱っていってしまうという人もいるのですが、
こうしたことは、看護師として働く上では、
非常に重要なことになりますね。

多くの看護師は仕事に慣れていくにつれて
こうした状態も改善されては来るのですが、
それでもある割合の看護師はいつまでたっても
夜勤の業務やオンコールのある業務になれないと
言う人もいます。

どういう風に休むのかというのは、
人によりますが、しかし、何もしないでゆっくり休んでも、
心も体も休まらないという人もいて、
そうした人は、徐々に精神と肉体のバランスが
崩れてしまって、最悪の場合は、うつ病などにも
なってしまいます。

そうなる前に、何らかの対処をするといいのですが、
より有効に休みを使って、しっかりと休むというのも
看護師としてしっかりと働くためには、
必要なことになります。

こういうことを考えると、休むということも
仕事をするのと同じく、重要なものになると
いえますね。

転職の際の情報の収集や下調べについて

転職をする際には、いろいろと人に意見を聞いてみたり、また、ネットで情報を集めてみたりするものなのですが、しかし、こうしたこともあくまで、転職をするための一つの参考にしておくというくらいの気持ちを持つことが重要になります。

最終的には、自分がどのようなところで働きたいのかということが重要になるのですが、あまり人に意見を聞き過ぎても、どうしていったらいいのかわからなくなってしまうという人も多いので、これは要注意です。

そして、できることなら気になる病院などがある際には、応募をする前に下見をしておくといいのかもしれません。看護師として働いた経験のある人であれば、病院の施設を見たり、その雰囲気を見るだけで、どういう風に仕事をしていくことができるのかということがよくわかると思うのですが、ホームページなどを見て、かなりいい雰囲気の病院であっても実際に行ってみると、まるで違う雰囲気がする病院というのはよくあるので、できれば確認をしておきたいですね。

最近では、ホームページを立派にする病院が多くなっていて、実際の施設よりも良く見えるということも多いようなので、いいと思ったところは、下見に行ったり、病院の評判などを見ておくといいようです。

あとは転職サイトを利用すると求人先についてのより詳しい情報を得ることができます。職場の人間関係なども分かったりしますから、詳しい求人先の情報を知りたければ転職サイトを利用してみるとよいですよ。

看護師の転職活動のルール

転職活動については、1つの求人先に絞って転職活動をした方良いのか、あるいは複数の求人先に対して並行して転職活動を進めるのが良いのか迷う場合がありますよね。

かつて、看護師の転職をする際には、普通に転職活動をする時とは異なることがありました。それは、いくつもの職場を同時に応募することは、原則としてしてはいけないということで、新卒の看護師と同じく、いいと思った職場が複数あっても、すべてに応募することができないというものです。

これは、一度にいろいろな職場に応募するということなのですが、普通の就職活動なんかでは、何社も応募をしていくというのは普通のことであるのですが、しかし、かつての看護師の場合は、そういうことはしてはいけないとされていて、原則として、一つの職場に応募すると、結果が出るまでは、他の職場に応募できないということになっていました。

実際に、看護学校などでも、新卒で就職をする際に、こうしたことを教えられてる場合もあります。しかし新卒採用と転職とでは状況は異なります。昨今では、転職の際には、そうしたことを考えず、複数の求人先に応募して転職活動を進める人が増えてきました。

なので、気になる職場にいくつか応募しておいて、その中からいいと思ったところに就職するということができるようになっているのですが、これは3つぐらいの施設に応募するのがいいといわれています。もちろん、もっと応募したい人は、3つ以上応募してもいいのですが、しかし、あまり多くはなりすぎないように注意が必要です。

ただしこの場合、複数の求人先から同時に内定をもらった場合は当然ながら1つ以外は断る必要が出てきます。複数の応募によって内定を断らなければならないのが不安であれば1つに絞って転職活動を進めるべきでしょう。あとは、転職サイトを使えば、複数の求人先から内定が出た場合に、転職サイトの方で断りの連絡を入れてもらえるので、安心して転職か活動を進めることができますよ。

履歴書の書き方について

転職をする際には、どんな職業であっても履歴書を書いて提出しなければなりません。看護師であっても、それは同じで、これまでの自分の経歴を書いていかなければならないのですが、しかし、履歴書を書くというのは、意外と慣れていないものなので、苦戦するという人も多いようです。

学生の就職活動でも、履歴書を手書きで書くことが大変だと言われているのですが、手書きで何枚も履歴書を書くのは意外と大変であります。修正液なんかも使えないので、あらかじめ下書きをしていかなければならないのですが、一枚一枚丁寧に書いていくようにしたいものです。

転職の際には、まずは履歴書を見て、その人がどういう人であるのかということを見るので、汚い履歴書よりは、きれいで見やすい履歴書の方が印象がいいのは間違いないのですが、少し字を書くのが苦手という人も、いつもよりも慎重に字を書いていきたいですね。

志望動機なども、わかりやすく熱意などを伝えてきたいのですが、あまり書きすぎても見づらいものになってしまうので、バランスを考えていくのがいいようです。どうしても慣れないことであるので、意外と大変な作業になってしまうのですが、じっくりと取り組んで良い履歴書を書いていきたいですね。
看護師の方は、看護学校を卒業後はすんなりと病院に就職が決まった人が多く、実際に転職活動をする際にどのように求人先に接していけばよいのか迷う人も多いですね。無知であるがゆえに採用判定で不利益をこうむることもあります。

不安な場合は、転職サイトを利用して万全の態勢で臨むのが良いでしょう。

転職をする際の挨拶と礼儀について

新しい職場に転職する際には、これまでお世話になった職場に挨拶などしていかなければならないのですが、仕事で使用したものをしっかりと返却しなければならないものもあるので、こうしたものもしっかりとしていきたいですね。

制服にID、名刺など、仕事で使用したものは、退職する前に返却をしなければならないのですが、制服なんかは、クリーニングをしておくことも必要になるかもしれません。もちろん、これは病院によって異なると思いますが、事前によくチェックしておきたいですね。

さらに、自分が使用したロッカーなんかも、次に使用する人が、気持ち良く使用できるように、掃除しておきたいですね。いらないものを置いて帰ったりすることはしないようにしていきたいものですが、加えて、職場でお世話になった人にも、しっかりと挨拶をしてお別れしたいものです。

次の職場のことばかり考えてしまって、これまでの職場の人々をないがしろにするということのないようにしないといけないのですが、最低限の礼儀として、転職の際には、こういうことも忘れないようにしないといけません。

やはり、いろいろと思うことがあるという人でも、お世話になったことは事実であるので、しっかりと挨拶などは欠かさないようにしたいものです。

「もう辞めるのでどうだっていいや」という人よりも、「お世話になったので迷惑をかけないように退職しよう」という人の方が、次に行く職場でもうまく行く割合が高いそうです。たぶん心がけの問題なのだとは思いますけどね。

転職の際に忘れてはいけない手続きについて

看護師が転職する際には、いくつか気をつけなければいけないことがあるのですが、健康保険などについて、ついつい忘れがちになってしまいやすいので、要注意です。

新しく働くことになった職場では、保険に加入し直さなければならないのですが、すぐに職場が決まった際には、いいものの、しかし、なかなか転職先が決まらずに、数か月も時間がかかってしまうような場合は、その間の健康保険は、国民健康保険や、任意位継続被保健者制度を利用していく必要があります。

なので、すぐに転職先が決められないというような時には、健康保険などについても忘れないようにしないといけないのですが、些細なことですが、しかし、絶対に必要なことなので、よく考えていきたいものです。

どうしても転職のことを考えていると、そのことばかりを考えてしまって、細かいことは忘れてしまいやすいというのが実際なのですが、転職活動をする前に、こうした細かいことなんかを書き出しておいて、よくチェックしておくようにするといいかもしれません。

すぐに転職先が見つかるのであればいいのですが、しかし、中には、そうもいかないことも多く、予想外のことも多くあるので、忘れないようにしなければなりません。

大きな病院であればこうした手続きを病院の方で行ってくれる場合もあります。病院で社会保険に加入している場合などですね。しかし小さな病院や個人経営のクリニックなどは基本的には自分で手続きをすると考えておいた方が良いでしょう。最近はネットなどで簡単に調べられますから、それほど難しくはないですが、転職サイト経由で転職を下のであれば、お世話になったコンサルタントに確認してみると教えてくれるはずですよ。