看護師としての在り方

看護師として働いていると、
様々な経験をしていって成長をするものなのですが、
しかし、看護師として重要なものは何かというと、
やはり、それは患者さんのことをよく考えて、
その気持ちを汲んだ看護をすることだといわれています。

実際に行う看護の技術や知識が高いということは、
もちろん必要になるのですが、しかし、どんなにそうしたものが
高くても、患者さんにとって不快な看護師しかできなければ、
その人は、あまりいい看護師とは言えないというのは
間違いないようです。

精神論といえば、そこまでではあるのですが、
しかし、多くの看護師が、長い経験を得て、
そこから何が重要になるのかということを考えていくと、
やはり、知識や技術に加えて、患者さんの気持ちをよく理解し、
それに沿って看護をしていくということだと、
多くの看護師が語っています。

これは、看護師としてというよりも、
人間としてどうなのかということでもあるようなのですが、
やはり、看護師と患者ということで、
どちらも同じ人間同士の関わり合い方がどうなのか
ということが非常に重要になるそうです。

現在、看護師として働いている人はもちろんのこと、
これから看護師として働いていきたいというような人は、
こうしたことを忘れないようにしないといけないようです。

看護師としてのスキルにそれほど大きな差があるわけでもないですし、
能力の差について考え出したら、「しょうがない」という
結論しか出てこないことになります。
それよりも自分ができる範囲で患者さんを満足させられる看護を
するにはどうすればよいのか、を考え続ける看護師の方が
数年後には立派な看護師になっているというものです。