看護師が辞めたいと感じる元は何か

看護師というのは常に人手不足で、
離職率が大きいといわれているのですが、
それを表すように、ある調べでは国立大学病院の
看護師の44%は、看護士を辞めたいと考えていると
調査されています。

看護師といってもいろいろな人がます。
何となく看護師になった人もいれば、
子供の頃から、家族の影響などで看護師になりたいと
考えていた人もいます。
要は看護師になった動機は人によってことなるということですから
人によっては看護師を続ける動機も異なってくるということです。
そうした中で看護師の半数の人というのは、常に看護師を辞めたいと
考えているようです。

もちろん、こうした数字は、毎年変化するものであるので、
恒常的なものではないのですが、
しかし、まだ転職などを、具体的に考えていない
看護師の人であっても、実際には看護師を辞めたいと
考えている人が多いようです。

ここから看護師を辞める人は、どのくらい出るのかというのは
わからないのですが、しかし、看護士を辞めたいと
日常的に考える人が多くなるには、それだけ理由があるので、
そうしたところをしっかりとフォローしていけるように
しなければならないのかもしれません。

これは、行政や病院側が気を付けるということなのですが、
環境などがしっかりと整えられていくことで、
考えが変わるという人もいるので、
これは医療界全体がしっかりと考えていかなければ
いけないことのようです。

あとは職場を変えることで
これまで嫌だった看護師の業務に就いても
耐えていけるようになることが少なくありません。
回りの環境というのは無視できないですからね。

業務環境について確認をしたいのであれば転職サイトの
コンサルタントに聞いてみるとよいですよ。