看護師の転職活動のルール

転職活動については、1つの求人先に絞って転職活動をした方良いのか、あるいは複数の求人先に対して並行して転職活動を進めるのが良いのか迷う場合がありますよね。

かつて、看護師の転職をする際には、普通に転職活動をする時とは異なることがありました。それは、いくつもの職場を同時に応募することは、原則としてしてはいけないということで、新卒の看護師と同じく、いいと思った職場が複数あっても、すべてに応募することができないというものです。

これは、一度にいろいろな職場に応募するということなのですが、普通の就職活動なんかでは、何社も応募をしていくというのは普通のことであるのですが、しかし、かつての看護師の場合は、そういうことはしてはいけないとされていて、原則として、一つの職場に応募すると、結果が出るまでは、他の職場に応募できないということになっていました。

実際に、看護学校などでも、新卒で就職をする際に、こうしたことを教えられてる場合もあります。しかし新卒採用と転職とでは状況は異なります。昨今では、転職の際には、そうしたことを考えず、複数の求人先に応募して転職活動を進める人が増えてきました。

なので、気になる職場にいくつか応募しておいて、その中からいいと思ったところに就職するということができるようになっているのですが、これは3つぐらいの施設に応募するのがいいといわれています。もちろん、もっと応募したい人は、3つ以上応募してもいいのですが、しかし、あまり多くはなりすぎないように注意が必要です。

ただしこの場合、複数の求人先から同時に内定をもらった場合は当然ながら1つ以外は断る必要が出てきます。複数の応募によって内定を断らなければならないのが不安であれば1つに絞って転職活動を進めるべきでしょう。あとは、転職サイトを使えば、複数の求人先から内定が出た場合に、転職サイトの方で断りの連絡を入れてもらえるので、安心して転職か活動を進めることができますよ。